フロランタンについての豆知識

フロランタンは、ブリトン地方の郷土菓子であり、フロランスベル(“Flourancebell”とも呼ばれます)としても知られています。 その起源についてはいくつかの話がありますが、定説はありません。

一つの説によれば、フロランタンは、主にコムギ粉を使ったパンの生地を作り、そこにバターや砂糖とともに、味を濃くするためのレーズンやナッツを加えたものです。この菓子自体は19世紀のものであり、特にブレトンの農民たち、とくに肉を食べることができなかった(金銭的な理由で)貧しい階層によって好まれたようです。フランス全土に知られるようになったきっかけは、19世紀に、 ルロワ(“Lorowy”とも呼ばれます)というパン屋が販売を始めたことがきっかけとされています。 その後、フロランタンは、フランス全土のパティスリーや菓子店で販売されるようになりました。

フロランタンには、美味しいマーマレードの風味やカルヴァドスブランデーが入っているバージョンなどもあります。この焼き菓子には、さまざまなバリエーションが存在しているため、その起源にはいくつかの説がありますが、その人気は世界的に高まっています。

フロランタンの投稿はこちら